FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘デジの新装の話

最近になって、花満開の新機種の甘デジの導入が、ぼちぼちと進んでいるようだ。
自分のよくいくホールにも、明日導入されるという。

しかし・・・、FDの新装の時と違い、初日の朝イチからというのはおよそ無理・・・だろう。
色々と忙しくなっているというのもあるが、恐らく、最近の甘デジの新装は、どうせ1機種1台であるだろうからだ。
それも、初日からいきなりバラエティーコーナーというのもザラだ。

いつから甘デジの新装がこんな感じになっていったのだろう。
三洋などのメーカーの特定の機種を除き、今ではせいぜいホールに導入されるのは1機種につき1台。

最近のホールの様子を、ここで頭に浮かべてみたい。

だいたいの場合、まず1円パチンコと4円パチンコと、大きく区切られる。
次に、4円パチンコの中で、いわゆる甘デジとそうでないのとに分けられる。
そして、甘デジでない機種でも、古くなった機種ばかり寄せ集めたバラエティーコーナーと、新台コーナーとに分けられる。

こうしてみると、このときすでに甘デジは甘デジだけのバラエティーにしか置かれていないことがわかる。
もちろん、今でも羽モノ等の機種を多数設置しているホールがあったりもするが、それらは今では例外的ホールなので。

このモノの売れない時代そのまま、甘デジに関しては、パチンコメーカーは1ホールにつき、1台しか売れない、ということになる。

良くて、1台しか売れないとなると、メーカーとしてはどうするだろうか。

自分が勝手に思うには、そうなるとメーカーとしてはあまり冒険した機種は作れなくなるように思う。
甘デジコーナーの中であまり目立つことになるような機種は、作れないんじゃないかと。
もし打ち手に甘すぎる機種を作ってしまったなら、次の新機種からは、そのやっと売れる1台すら売れなくなってしまうから。

というわけで、甘デジバラエティーのどの機種も、ひっそりと地味な稼働をしていると、そんな印象がある。
もっとも・・・どんな甘い機種であれ、ホールは最初のうちは様子見程度に出させてやり、その後釘を締めさえすればいいだけなのだが。

花満開の新機種の甘デジが出る、ということで、期待している人も多いだろう。
明日の、とあるホールの新装に付き合うことはできないが、いつか自分も必ず打つ。
その機種を期待している人の中には、「FDは確率が低いので手を出せないが、甘デジで演出を楽しめるなら」という人も多いだろう。

しかし、先述のように、最近はホールに良くて1台。
そうなると、一つの駅の周辺のホール全てで、4、5台程度、という状態。
つまり、おおよそ一つの街で、その新機種を打てるのは4、5人×入れ替わり回数程度ということだ。

こんな椅子取りゲーム、打てるということ自体が運だ。
まして、新機種が優良なスペックをもっているならなおさらだ。
さらに、優良なスペックであると、ホールは翌日以降ただちに締める可能性があり、初日に打てない限り良好な状態では永遠に無理だ、ということになる。


どうも、ホールもメーカーも打ち手も皆、迷走しているような気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花百景

Author:花百景
とある中年による趣味のブログです。
ネタは主にパチンコの昔と今、プログレなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
蓮花時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。